研究員

中山 淨二

Joji Nakayama

nakayama.jpg

東京理科大学にてpre-B細胞性白血病の発症機構に関する研究で学位取得後、米国国立癌研究所(NIH/NCI)にてポスドクとして勤務した。主に乳癌の癌細胞転移に関する分子機構の解明に携わった。その後、 シンガポール国立大学にてポスドクとして勤務し、 ゼブラフィッシュを用いた癌細胞転移抑制効果を有する化合物の探索を可能にするスクリーニング法を樹立した。平成29年4月より本研究室に所属している。これまでの研究経歴から習得した多様な研究手法を生かし、がん撲滅を遂行する為の新しい知見を得うる研究をする。

 

研究業績

Marino N, Woditschka S, Reed LT, Nakayama J, Mayer M, Wetzel M, Steeg PS. Breast cancer metastasis: issues for the personalization of its prevention and treatment. Am J Pathol, 183 (4): 1084-95 (2013).

 

Marshall JA, Collins JW, Nakayama J, Horak CE, Liewehr DJ, Steinberg SM, Albaugh M, Vidal-Vanaclocha F, Palmieri D, Barbier M, Murone M, and Steeg PS. Effect of inhibition of the lysophosphatidic acid receptor 1 on metastasis and metastatic dormancy in breast cancer. Journal of National Cancer Institute, 104 (17): 1306-19 (2012).

 

Marino N, Nakayama J, Collins JW, Steeg PS. Insights into the Biology and Prevention of Tumor Metastasis Provided by the Nm23 Metastasis Suppressor Gene. Cancer and Metastasis Review, 31 (3-4): 593-603 (2012).

 

Nakayama J, Yamamoto M, Hayashi K, Satoh H, Bundo K, Kubo M, Goitsuka R, Farrar MA, and Kitamura D. BLNK suppresses pre-B cell leukemogenesis through inhibition of JAK3. Blood, 113 (7): 1483 (2009).