研究員

宮本 亮

Ryo Miyamoto

miyamoto.jpg

いつか誰かの大切な人を救う糧になれば

馬の獣医を志し、大学からは地元京都を離れ、北海道へ。しかし大学生活で研究のもつ可能性に惹かれ、自分にしかできないことは研究の世界にあると感じ、この道に進みました。また当初は神経系の研究をしていましたが、身近な人ががんを患い、初めてがんの実情を知ったことがきっかけでがん研究に取り組もうと決意し、今に至っています。

研究とは一歩進んではまた一歩戻りと、思うようにはいかないものです。でも「今自分がしている仕事が、いつか誰かの大切な人を救う糧になれば。」そんな気持ちを心に秘めながら、日々研究と向き合っています。今は一緒に研究をしようと受けいれてくれた横山リーダーをはじめ、素晴らしい同僚達に恵まれています。優れた研究環境を誇るここTMCで、いい仕事をしたいと思っています。

 

研究業績

Miyamoto R, Koike S, Takano Y, Shibuya N, Kimura Y, Hanaoka K, Urano Y Ogasawara Y, Kimura H. Polysulfides (H(2)S(n)) produced from the interaction of hydrogen sulfide (H(2)S) and nitric oxide (NO) activate TRPA1 channels. Sci. Rep. 7: 45995 (2017)

 

Takano Y, Hanaoka K, Shimamoto K, Miyamoto R, Komatsu T, Ueno T, Terai T, Kimura H, Nagano T, Urano Y. Development of a reversible fluorescent probe for reactive sulfur species, sulfane sulfur, and its biological application. Chem. Commun. (Camb). 53: 1064-1067 (2017)

 

Ujike A, Otsuguro K, Miyamoto R, Yamaguchi S, Ito S. Bidirectional effects of hydrogen sulfide via ATP-sensitive K(+) channels and transient receptor potential A1 channels in RIN14B cells. Eur. J. Pharmacol. 764: 463-470 (2015)

 

Miyamoto R, Otsuguro K, Yamaguchi S, Ito S. Neuronal regulation of expression of hydrogen sulfide-producing enzyme cystathionine β-synthase in rat spinal cord astrocytes. Neurosci. Res. 97: 52-59 (2015)

 

Miyamoto R, Otsuguro K, Yamaguchi S, Ito S. Contribution of cysteine aminotransferase and mercaptopyruvate sulfurtransferase to hydrogen sulfide production in peripheral neurons. J. Neurochem. 130: 29-40 (2014)

 

Miyamoto R, Otsuguro K, Ito S. Time- and concentration-dependent activation of TRPA1 by hydrogen sulfide in rat DRG neurons. Neurosci. Lett. 499: 137-142 (2011).