鶴岡連携拠点 がんメタボロミクス研究室では、2つのチームが、新たな治療法や創薬の開発に向けて、がんの謎に挑んでいます。

 
 

がんの発症に関わるMYCというタンパク質と代謝の関係性を明らかにし、小児がん等の新たな創薬、診断法の開発を目指す。

発がんを誘導する代謝産物やがん細胞に特有な代謝制御機構を明らかにし、有効な新規治療法を開発につながる研究を推進する。