急性白血病新薬候補化合物フェーズ1.2試験を開始

急性白血病新薬候補化合物フェーズ1.2試験を開始

急性白血病治療薬として創製された新薬候補化合物のフェーズ1/2試験を開始   発表のポイント l  庄内地域産業振興センター/国立がん研究センター・鶴岡連携研究拠点がんメタボロミクス研究室の横山明彦チームリーダーなどによ […]

続きを読む…

化学療法薬に対する薬剤耐性のメカニズムを解明

化学療法薬に対する薬剤耐性のメカニズムを解明

2021年9月28日 公益財団法人 庄内地域産業振興センター 慶應義塾大学先端生命科学研究所 国立研究開発法人国立がん研究センター 研究成果のポイント l  化学療法薬の一つであるペメトレキセド(製品名:アリムタ)に耐性 […]

続きを読む…

白血病を引き起こすタンパク質間相互作用の発見

白血病を引き起こすタンパク質間相互作用の発見 2021年8月30日 公益財団法人 庄内地域産業振興センター 国立研究開発法人国立がん研究センター 国立大学法人 京都大学   研究成果のポイント l  白血病を引き起こすM […]

続きを読む…

HOXA9がMYCと協調して白血病を引き起こすメカニズムを解明

2021年8月23日 公益財団法人 庄内地域産業振興センター 国立研究開発法人国立がん研究センター 研究成果のポイント l  HOXA9タンパク質が、がん代謝を駆動するMYCタンパク質と協調して働き、白血病化を促進する仕 […]

続きを読む…

肺がんにおけるDNAのヌクレオチド生合成に重要な酵素に関する論文発表

肺がんにおけるDNAのヌクレオチド生合成に重要な酵素に関する論文発表

肺がんにおけるDNAのヌクレオチド生合成に重要な酵素に関する論文発表    公益財団法人庄内地域産業振興センター (理事長:皆川治、鶴岡市末広町、以下産業振興センター)、国立がん研究センター・鶴岡連携研究拠点が […]

続きを読む…

MOZ変異型白血病の発症メカニズムを解明

MOZ変異型白血病の発症メカニズムを解明  多様な白血病に対する新規薬剤の有効性をマウスモデルで証明 2020年9月30日 国立研究開発法人国立がん研究センター・鶴岡連携研究拠点 公益財団法人 庄内地域産業振興センター […]

続きを読む…

ゼブラフィッシュモデルを用いた 癌細胞転移抑制効果を有する薬の探索

ゼブラフィッシュモデルを用いた 癌細胞転移抑制効果を有する薬の探索

ゼブラフィッシュモデルを用いた癌細胞転移抑制効果を有する薬の探索 2019年11月21日   公益財団法人庄内地域産業振興センター/国立がん研究センター・鶴岡連携研究拠点がんメタボロミクス研究室の中山淨二研究員は、ゼブラ […]

続きを読む…

県内企業との共同研究など2件締結

県内企業との共同研究など2件締結

プレスリリース【Ⅰ】 医療用超音波による体表がん治療の可能性を検証する研究を開始   2019年7月12日 国立研究開発法人国立がん研究センター(所在地:東京都中央区築地五丁目1番1号、理事長 中釜 斉、以下「 […]

続きを読む…

オンライン学術誌に共同で初の論文発表

オンライン学術誌に共同で初の論文発表

産業振興センター、国立がん研究センター・鶴岡連携研究拠点とHMT、培養細胞からの代謝物質抽出法に関する論文発表 2019年6月10日  公益財団法人庄内地域産業振興センター (所在地: 山形県鶴岡市、理事長: 皆川治、以 […]

続きを読む…

製薬企業との共同研究契約を締結

がんメタボローム研究推進支援事業 2019年3月28日 国立研究開発法人国立がん研究センター 公益財団法人庄内地域産業振興センター 異常ながん遺伝子発現を制御する抗がん剤の実用化を目指した応用研究を開始 国立がん研究セン […]

続きを読む…